日本人だけ?スーツケースベルトの必要性と使い方 いるorいらない?

未分類
photo-ac.com

この記事ではスーツケース用ベルトと使い方と必要性、そしておすすめのベルトを一挙にご紹介していきたいと思います。

そもそもスーツケースベルトが必要といえるのはなぜでしょうか?

10秒でわかる!国内/海外旅行に行く前にチェックしたいサービス

  1. HISが展開する格安海外航空券サービス。クーポンでさらに安くしたいなら → Surprice
  2. 実質2千円。圧倒的お得に国内旅行するなら → 楽天ふるさと納税
  3. 空港定額タクシーよりお得。自宅から空港まで楽に行きたいなら → nearMe Airport
  4. 空港や銀行よりもお得なレート。自宅でかんたん両替なら → 外貨両替マネーバンク

スーツケースベルトの必要性

スーツケースベルトには主に以下のような目的があります。

・衝撃でスーツケースが開き中身が散乱してしまうことを防ぐ。
・目立つベルトをつけることにより自分のスーツケースを判別しやすくするため。
・盗難防止のため。

スーツケースベルトをしていれば受託手荷物として預け入れられている最中に少々乱暴に扱われても、中が開いて大惨事ということが発生しにくくなります。

また、旅の最中に鍵やファスナーが壊れた時の対処にも使用できます。
高級なスーツケースではそのようなことは滅多に発生しませんが、格安系のスーツケースを利用する場合は破損は予想される自体でもありますので1本あると安心です。

そして、黒やシルバーなどの同じようなスーツケースが多い中でも派手なベルトを付けていれば、いち早く自分のスーツケースをバゲッジクレームで見つけることができます。
また、誰かが間違えて自分の荷物を持って行ってしまう自体を防ぐこともできます。

泥棒も派手なベルトがついたバックは目立つので持ち逃げしにくいという心理効果も期待できるかもしれませんね。
また、スーツケースの鍵は簡単に開けられてしまうため、ベルトをすることで開けるのを多少手間取らせることにもなり多少の防犯効果が期待できます。

スーツケースベルトを使うのは日本人だけの特徴⁈

空港でスーツケースを見ると、スーツケースにベルトを付けているのは日本人が多い傾向が見受けられます。

欧米人は割とソフトキャリー(布でできたキャスター付きのケース)を持っていることが多くそもそもハードケースが少ないことも関係しているかもしれませんが…。

スーツケースなどカバンの類ではなく、ダンボールを持って空港内を移動している人が多い国もありますね(笑)
日本人の几帳面で丁寧な性格がスーツケースベルトにも表れているのかもしれません。
ただ、ベルトを付けていると日本人のスーツケースだということで逆に盗難のターゲットに遭いやすいという話も…。

スーツケースベルトの使い方

スーツケースベルトの使い方は非常に簡単です。

基本は巻いて、金具で留めるだけです。

とてもシンプルですね。

ねじれたり、緩くなって下がってきてしまったりしないように、
しっかりと締めておきましょう。

最近では十字にベルトをすることで外れにくいように工夫されているスーツケースベルトもあります。

楽天には、スーツケース用ベルトが豊富にあるので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました