チャイナエアライン(中華航空)の評判。 機内食・接客サービス、アライアンスグループとマイルについて

航空会社評判
photo-ac.com

チャイナエアライン(中華航空)は台湾を代表する航空会社です。
設立は1959年で、従業員数は12,000人以上の航空会社。
航空連合はデルタ航空と同じスカイチームです。

Home
チャイナ エアラインは、台湾を代表する航空会社。 最上のおもてなしと安全とともに、日本国内と台湾を最多のフライトネットワークで結びます。

29の国または地域の156都市(2018年9月30日時点)に路線を展開しているので、これから利用を予定している方も多いのではないでしょうか。
今回はチャイナエアラインの利用者に評判をアンケートで尋ねてみました!
これからの搭乗の参考にしてくださいね。

10秒でわかる!国内/海外旅行に行く前にチェックしたいサービス

  1. HISが展開する格安海外航空券サービス。クーポンでさらに安くしたいなら → Surprice
  2. 実質2千円。圧倒的お得に国内旅行するなら → 楽天ふるさと納税
  3. 空港定額タクシーよりお得。自宅から空港まで楽に行きたいなら → nearMe Airport
  4. 空港や銀行よりもお得なレート。自宅でかんたん両替なら → 外貨両替マネーバンク

チャイナエアライン(中華航空)の機内食

チャイナエアラインの美味しそうな機内食

写真は台湾(松山空港)〜羽田路線の機内食です。

食べた方に機内食の感想をお聞きしたところ、

「カレールーはやや辛く、具材はほとんど入っていませんでした。でも、お米は問題なく美味しい。
カレーの付け合わせの野菜が少ししなびていて、あまり美味しくありませんでした。
パンはごく普通のロールパンで、シンプルな味。固くなっていないのが良かったですね。
副菜の和え物が意外と美味しかったですし、デザートのフルーツは瑞々しく、特にスイカは甘くて美味しかった。」

とのことでした。

豚の角煮が美味しそうな機内食

こちらの写真はバンコク~台湾路線の機内食です。

こちらも食べた方に機内食の感想をお聞きしたところ、

「ポーク&ライスを選んででてきた薄味炒飯と豚の角煮のようなもの。
炒飯は炒りたまごご飯ともいえるほど薄味だったが、それが逆にやさしい味で機内では食べやすかったです。
豚の角煮のようなものはボリュームがあったがまあまあおいしく感じました。
サラダはラープ(タイ料理のサラダドレッシング)のような味付けでさっぱり。
残念なのは白くて四角いケーキのようなもの。薬のような味で一口も食べられなかった…。」

とのことでした。

チャイナエアライン(中華航空)の評判

 

中部国際空港(名古屋)から台北(台湾)
チャイナエアラインで台北まで約3時間半、エコノミーを利用しました。座席にはモニターがついておらず、間隔を空けて空調あたりにみんなで観れるモニターがありました。3時間半の旅なのでそれでも苦にはならず、座席も狭いという事もないので問題ありませんでした。機内食も日本食ではなくアジア要素があるもので、2種類から選べましたが、エコノミー食の為、あまり期待はできないです。
成田ー台北(桃園)ーパラオ
成田から桃園空港行きのチャイナエアラインの便は9:25発で7:25までに成田空港に着くには早朝に出発しなけれなならなかったので、この時は成田に前泊しました。桃園空港でパラオ行きのチャイナエアラインに乗り換えたのですが、乗り換え時間が1時間しかなく心配でしたが、トランジットの移動はとてもわかりやすく、スムーズに乗り換えができました。ロストバゲージもなくとても快適な旅ができました。
東京-台北
「比較的リーズナブルな価格で、適度なサービスを受けることができる」というのが、チャイナエアラインの良さだと思います。中華航空ですが、日本人CAが数名いるので日本語での対応も可能ですし、日本語でのアナウンスもあります。機内も清潔で、ブランケットなどの貸出もあるので快適です。機内食は他国の航空会社のような軽食ではなく、きちんとした食事が出てきます。味はメニューによりますが、それほど悪くないと思います。日系の航空会社に比べると劣りますが、価格やサービス、使い勝手の良さなど総合的に考えると、チャイナエアラインは利用しやすい航空会社のひとつだと思います。
名古屋から台湾
チャイナエアラインは何回か利用しています。価格については大変満足しました。繁忙期のフライトだったにも関わらず、他社の航空会社と比較してもかなり割安な価格設定だったと思います。また、事前に確認したいこともメールにて問い合わせしたとこに対してもすぐに返答を頂けたのでよかったなと思いました。飛行機自体は大きいものでなく、また、モニターも一人一台ではなかったですが、価格からすれば仕方なかったのかなと思います。
福岡から上海
ツアーの飛行機がチャイナエアラインでした。乗り心地などは普通でキャビンアテンダントさんたちも親切で特に不満はありませんでしたが、正直機内食が私の口には会いませんでした。日本の航空会社ではないので仕方ないのかもしれませんが、ちょうどお腹が空いていて機内食に、期待していたので何も買って行っていませんでしたので残念でした。
羽田からホノルル
チャイナエアラインは福岡から台北に旅行で行く際に使用しました。大きさ乗り心地に関しては可もなく不可もなくといった、他社の航空会社とは変わりありませんでしたが、時期が時期だったためか、機内が寒く感じました。ブランケットもお借りしましたが。。
食事のレベルが低いと聞いていましたが、私はそうは感じないお味でした。
大阪から台北
初めて台湾旅行をした際にチャイナエアラインを利用しました。フラッグキャリアに相応しい丁寧なホスピタリティーを感じるサービスで、CAさんもこちらが何か頼んでも嫌な顔をせず対応してくださり楽しく空の旅を満喫できました。機内食も美味しかったです。数年前より関西空港から台南空港への直行便も出ているため、また乗りたいです。
台湾から成田
チャイナエアラインは周りの評判があまり良くないので、実際不安だったのですが、台湾の桃園空港から成田空港の短い距離ということもあり、そこまで悪いと感じることはありませんでした。しかしながら、機内食はあまり美味しくなかったです。サービスも他の国の大手航空会社に比べると、ちょっと雑な感じがしてしまいました。
中国からロンドン
まず、自身が中国人と間違えられて中国語で話しかけられた。日本の航空会社では、席にどこの国籍の人が座っているのかわかると思うがチャイナエアラインの客室乗務員はそこまで確認してサービスしないのだと感じた。
野菜や肉類など中国の食材という固定概念から、食事をとることに抵抗があったのと同時に、ご飯が硬く料理が口に合わず、長時間フライトにも関わらず料理を食べることができなかった。
仁川から北京市
チャイナエアラインのCAの方は優しい対応でした。食事は中華料理だったので、味が辛いので、私は辛いのが好きなのでおいしかったですよ。
それに、座席についてあるテレビの画面も綺麗でしたね。なにより、CAの対応が丁寧だったので、安心して乗っていけました。
中国語を分かっていればとてもスムーズかもしれませんが、英語が分かれば大丈夫です。CAの方で、日本語も話せる方もいるので安心できます。
名古屋から韓国
チャイナエアラインは機内食がとても美味しいことで有名です。
私が最近利用したのは名古屋から韓国と、時間にしてたった2時間程のフライトでしたが、その機内で出された夜食のサンドウィッチはとても美味しかったです。
豪華な具材ももちろん美味しいのですが、パンも甘くて美味しく、サイズも夜食にしては大きいのではないかと思うほどボリュームがあり大満足の夜食でした。
夜食でしたので食べない方も見受けられましたが、本当に「そのサンドウィッチ下さい!」と言いたくなるほど美味しかったです。
食い気ばかりの感想ですが、またチャイナエアラインを利用したいと思っています。
関西国際空港から台湾桃園国際空港
今まで乗った飛行機の中でもチャイナエアラインは、かなり接客の態度が良かったです。荷物の積み上げも丁寧に手伝ってくれました。機内食は中華料理が出ましたが、日本人の口にもとても合う機内食でとても美味しかったです。機内の温度もちょうどよかったのでとても快適に過ごせました。
小さな子供にも笑顔でやさしく喋りかけてくれたので、とても良かったです。

チャイナエアラインのアライアンスグループとマイルについて

チャイナエアラインのアライアンスグループはスカイチームです。

スカイチームというと大韓航空やデルタ航空が有名ですね。
チャイナエアラインの搭乗でもデルタ航空のマイルを貯めることができますよ!

時折AMEXカードの新規作成でデルタのボーナスマイルが大量にもらえるキャンペーンがやってます。
ハワイやアメリカに行きたい人は作ってみてもいいのではないでしょうか。

※写真はイメージです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました